こんにちは!

最近テレビや芸能人の間でも美容鍼や東洋医学が大きく取り上げられていますね。

 

・鍼の効果

・筋肉を緩める(血行促進することで痛みを起こしてる物質も一緒に流します。=疼痛緩和)

・自律神経を整える。

・鍼を刺すことで小さな傷をつくので、細胞が修復しようと働くため自己治癒力が上がります。

・経絡経穴をつかって鍼を刺すことで内臓の不調や精神的ストレスの緩和にも効果があります。

・予防=未病治にも効果があります。

*未病治とは、病気や怪我を未然に防ぐことを言います。

(筋肉が固まってしまうと肉離れや怪我をしやすい状態になります。それを防ぐためにまえもって間隔を空けながら鍼を刺し筋肉を緩めることで防ぐことができます。筋肉以外にも体調を整えるために定期的に通っていただくことで急に体調が悪化するのを防ぐこともできます。)

今回は東洋医学の考え方(経絡)をつかって症状に合わせたツボを紹介します。

症状に合わせたツボに私は鍼・刺さない鍼(接触鍼)・お灸・マッサージなどで刺激を与えます。

頭痛に悩まされている方が多いので今回は頭痛に使うツボを説明します。

 

・頭痛

頭痛につかわれるツボは頭痛が起きている位置によって異なります。

頭の上の方が痛い場合:上星を用います。

上星は額中央の髪の毛の生え際から指1本分上のところにあります。

頭痛以外の効果⇒に鼻づまり・花粉症・目の疲れとしても用いることがあります。

頭の横の方が痛い場合:率谷・けんろ・けんり・などを用います。

率谷は耳の一番高いところから指1本分上の凹んだところにあります。

頭痛以外の効果⇒めまい・疲れ目・顔のたるみに用います。

頭の後ろの方が痛い場合:天柱・風池などを用います。

天柱は頭の後ろで襟足(髪の毛の生え際)から上に上がり後頭骨という骨の下の中

央にあります。

頭痛以外の効果⇒肩こり・疲れ目・集中力アップなどに用います。

 

頭痛の場所に限らず全ての頭痛に用いられるのが百会です。

百会は頭の頂上にある重要なツボで、全身の気を整えるところと言われています。

例えばのぼせ易い人の場合は百会に鍼を刺すことで頭の方に集まってしまっている気を下の方に下げる。又は百会から気を外に出してあげる時に用います。

これの逆で、下痢などで必要以上に水分などを失っている場合は上に引き上げてあげる為に百会を用いる場合もあります。

この他にも、百会は精神安定・眠りが浅い人など様々な症状に用いることができます。

人によって効果は異なりますが、様々な症状に対して効果があるツボがたくさんあります。

顔のたるみ~精神安定などどんな症状でも構いません。

悩んでる方がいましたらお気軽に足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院にご相談ください!

日曜日も6時まで診療しています。

 

梅島駅前鍼灸整骨院のエキテンのサイトはこちらです。

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30
日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00