こんにちは!

 

歩いてると、腰から足まで痺れてくるのが前傾姿勢で休むと楽になることってありませんか?

 

・腰部脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、簡単に説明すると脊柱管という脊髄の神経が通ってるトンネルの周りにある背骨、椎間板、関節、靭帯などが加齢や労働によって変形、肥厚(厚くなる)によって痛みや痺れが症状として出るものです。

 

 

ソース画像を表示

図のように、椎間板の肥厚(厚くなる)・変形、背骨のずれ、靭帯の肥厚によって圧迫、炎症が起こることによって、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されてお尻から足にかけて痛み痺れを起こします。

 

・腰部脊柱管狭窄症の特徴・・・

腰部脊柱管狭窄症の特徴として前かがみの姿勢があります。

本来、人はの背骨は頭の重さや運動の衝撃の負担を減らすためにS字状にカーブしてますが、変形や日常生活の動き、姿勢によってS字状のカーブを失い余計に腰に負担がかかってしまいます。前かがみ姿勢になることで負担も減るため痛みも一時的に軽減されます。逆に腰を後屈(体を反らす)状態になると神経と組織がぶつかり合い、より痛みが増します。

 

・腰部脊柱管狭窄症と判断するには・・・

診断基準は外見上で判断することは難しく、レントゲンやMRIなどの精密検査によって診断されます。少しでも歩いていたり仰向けで寝ているときに腰や足に痛みや痺れが出て来るようであれば、お近くの整骨院や整形外科の先生に相談が必要です。

 

・治療として・・・

重度の狭窄症の場合は観血療法(手術)が必要です。軽度の場合は筋肉の脆弱で腰椎に影響を受けます。特に太ももの前(大腿四頭筋)と腹筋のリハビリをすると、痛みの軽減が計れます。

ソース画像を表示

図のように、膝の裏で枕を押し付けるような運動をすると鍛えられます。

ソース画像を表示

 

仰向けで寝るのが厳しい方は、椅子に座った状態で膝を曲げ伸ばしするだけでも鍛えられます。

 

腰部脊柱管狭窄症は痛みや痺れが軽度なものから重度なものまで幅広い症状です。

梅島駅前鍼灸整骨院では、腰部脊柱管狭窄症の症状を手技、鍼、超音波治療を組み合わせて対応していきます。

少しでも違和感を感じるようであれば気軽にご相談ください!

 

日曜日も18時まで診療しております!

 

梅島駅前鍼灸整骨院のエキテンのサイトはこちらです。

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30
日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00