こんにちは!

 

朝、ベットから起き上がって足をついた時や椅子から立ち上がった時にかかと周辺に痛みが走ったことはありませんか?

それ、もしかしたら足底筋膜炎かもしれませんよ?

この症状は世間で良く知られているものですが、どのような原理で痛みが出ているのかなど知らない方も多いと思います

 

○足底筋膜炎の症状

この症状をお持ちの方で一番気になるのは足裏の痛みがほとんどだと思います。足底筋膜炎は足の裏にある腱や筋肉が何らかの影響で硬くなり炎症を起こし、それらが伸ばされることによって痛みを発しています。足底筋膜はゴムみたいなもので伸張性に富んでいれば伸び縮みしても引っ張られる力は弱いですが、硬いゴムは伸縮性もなく引っ張る力も強いので骨などに影響を与えやすくなってしまいます。

 

○好発原因

・踵骨(かかとの骨)にできる骨棘

骨棘とは人体にはあまりない必要とされていないもので、骨から突起のようなものが出てくる現象です。骨折など骨に衝撃が加わることでできる過剰な骨と言われていて、ある人ない人いますがない人の方が多いです。骨棘があるとその周辺の腱などにあたり痛みを発生させます。

・扁平足

扁平足とは足の裏が平らな状態のことで、この症状があると色々な外傷に関係してきます。通常な足の場合,足の裏がアーチ状になりショックを吸収する役目があるのですが、扁平足だと足底筋膜が常に緊張しているためショックを吸収できず伸ばされている状態なため痛めやすくなっています。

・足のアーチが高すぎる

扁平足とは反対に足のアーチが高すぎると足底筋膜の伸び縮みが激しく行われるため痛めやすくなることもあります。

ソース画像を表示

○治療方法

普段、安静に生活していれば症状は落ち着くとは言われています。しかし血行性が悪いので治る期間は人それぞれです。少しでも症状の改善っをするためには栄養を運ぶ血液の循環を高めることで治りやすくなります。患部を温めたりするのも良いですが、超音波治療や鍼治療が特に効果が出やすいです。また症状に合わせては靴の中に足底板を入れたりテーピングで保護するだけで痛みの軽減が計れます。

 

 

足底筋膜炎は放置していても治ることもある症状ですが、悪化すると観血療法(手術)を行う可能性もあります。痛みや違和感を感じている方はすぐにでも治療されることをお勧めします。

 

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、手技療法や電気治療、超音波治療や鍼治療等を組み合わせ、症状を取り除いていきます。

 

上記のような症状に思い当たるかたは足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院へ気軽にお越しください!

 

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00