こんにちは!

 

最近靴下やサポーターを脱いだ時に、その跡が残ってしまうことはありませんか?

その原因は様々ですが、もしかしたら他の症状で困ってるのも「むくみ」が原因で起こっているかもしれません!

ソース画像を表示

・なぜ足がむくむのか?

むくみとは脂肪と皮膚の間に水が溜まってしまうことで、通常の体でも常に行われている生理現象です。

心臓から送られてきた血液は動脈を介し、各組織や器官に送られます。そこで動脈は毛細血管となり水分に溶けて細胞と栄養素や物質の交換し、静脈に回収されてまた心臓に戻るのですが、長時間立ってたりすると重力の影響で静脈に回収されにくくなってしまいます。

その結果、回収されなかった水分(リンパ液)は脂肪と皮膚の間に溜まってしまい、むくみが発生してしまうのです。

・足がむくむ原因は?

原因は様々ですが、考えられるには次のものが挙げられます。

・体調不良による一過性のもの

・交感神経、副交感神経の影響による血管の障害

・肝臓、腎臓、心臓の障害

・鼠径リンパ節の障害

などが挙げられます。

 

また、具体的にどういう理由でむくむのか?

・血行不良や冷え

足にある血液は筋肉の活動によって心臓まで送られます。しかし冷えによって筋肉の活動が弱まると上手く血液の運搬が出来ず、足に水分が溜まってしまいます。さらに、足先の毛細血管まで血液がスムーズに流れなくなり、冷え性や血行不良をともなうむくみが起こります。マッサージや鍼治療を行うことで血行が促進され循環が良くなるとむくみ自体が減ってきます。またストレッチやレッグウォーマーをすることでむくみに対する予防を行うことでマッサージ等の治療効果が増加します。

 

ソース画像を表示

・長時間の立ちっぱなし・座りっぱなし・歩きっぱなし

長時間立ちっぱなし、座りっぱなしだと重力の影響で血液が上に昇らず、足に溜まってしまいます。立ちっぱなし、座りっぱなしになっていると感じたら少し歩いて、ふくらはぎのあたりを伸ばしたり揉んだりするだけでもむくみの悪化は軽減できます。また歩きっぱなしの場合はベンチ等に座ってもらい少し休憩をして、膝を90°に曲げてつま先を伸ばすとふくらはぎの緊張が緩むのでこちらも悪化の防止ができます。

 

・水分や塩分の摂り過ぎで足がむくむ 

水分や塩分の取りすぎで、血液の水分量が増えてしまいます。それによって余分な水分が溜まりやすい状態になりますのでその結果、足がむくんでしまいます。むくみやすい体質の方はラーメンや塩を使った料理はなるべく避けるようにしましょう。

 

 

以上のように、むくみや疲れには色々な原因で起こることがあります。人によって症状の度合いは様々ですが、少しでもご自身で足のむくみがひどく感じたり、すぐ足が疲れてしまうと思う方は気軽にご相談下さい。

 

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、手技療法や電気治療、鍼治療等を組み合わせ、足のむくみや疲れを取り除いていきます。

 

上記のような症状に思い当たるかたは足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院へ気軽にお越しください!

 

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00