こんにちは!

 

夏の暑い時期に部活動やクラブチームで活発に運動をされてる小・中学生で膝の痛みに

悩まされているお子さんはいらっしゃいまっせんか?

 

今日は発育期の男子に多く発症するとされているオスグット病についてまとめました。

 

オスグット病とは発育期(10〜15歳前後の小・中学生)に多く発症し、脛骨粗面に疼痛骨性隆起が生じます。

男女比では、男子に多いですが、女子に発症する場合の発症年齢は男子に比べてやや低いといわれています。

これは、女児では男児に比べ急激な骨成長の起こる年齢が低いため、発症年齢も低い傾向にあるのではないかと思われます。

また、成長終了後でも、脛骨粗面部に骨片が残存し、疼痛を訴える場合があります。

 

オスグット病は、発育期における急激な骨成長と筋肉・腱の成長のバランスの不均衡、および活発なスポーツ活動におる使いすぎ
により、大腿四頭筋、膝蓋骨、膝蓋腱、そして腱の付着する脛骨結節部からなる膝伸展機構が常に過緊張状態となるため発生します。

特にジャンプの着地時動作など、大腿四頭筋の遠心性収縮が働く際に発症しやすいと考えられています。

強力な大腿四頭筋の張力により、脛骨粗面に繰り返し負担がかかってしまうわけですね。

ですので、ジャンプや加減速を繰り返すサッカー、あるいはジャンプ動作の多いバレーボールやバスケットボールの選手に好発しますが、スポーツ活動を起こっていない場合でも発症することがあります。

ソース画像を表示

オスグット病の治療方法としては、中途半端な運動制限をするくらいなら、短期間完全休養…治療に専念すること!それがオスグット病という膝の痛みから解放され、練習に復帰できる一番の近道です。

ちなみに、オスグット病の治療法の一つとして大腿四頭筋のストレッチが有効です(ある程度、痛みが軽減されてから)。ストレッチを行うことで、膝はもとより身体全体の柔軟性を緩和していきます。また下半身全体的なマッサージや電気治療・超音波治療をしていくと大腿四頭筋の張りが和らぎ、より痛みが軽減されます。

 

オスグット病は痛みの程度が人それぞれですが、治療をしていかないと悪化してしまう恐れがあります。

少しでも膝に違和感を感じたらオスグット病かな?と疑問に思ってください。

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、手技療法や電気治療、超音波治療や鍼治療等を組み合わせ、オスグット病の痛みを取り除いていきます。

 

上記のような症状に思い当たるかたは足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院へ気軽にお越しください!

 

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00