こんにちは!

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院です!

 

バスケットボールやバレーボールをやっていて、膝下の痛みでお困りではありませんか?

実はそれ、「ジャンパー膝」かもしれませんよ!

eye_hza

ジャンパー膝とは聞きなれない名前ですが、趣味や仕事でスポーツをよく行う方に発症しやすい膝の疾患です。

特に、ランニングやジャンプなど膝の曲げ伸ばしをよく行うスポーツをする方に発症しやすいので、この名前がつきました。

ひどくなると膝を動かすたびに激しい痛みを覚えます。

 

■ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝は、正式な名称を膝蓋腱炎(しつがいけんえん)と言います。

膝蓋腱とは大腿四頭筋の膝を伸ばすという力を

効率よく脛骨(けいこつ・すねの骨)に伝える役割を担っている腱です。

この腱を酷使しすぎると炎症を起こし、症状がひどくなると切れてしまいます。

膝蓋腱は膝を曲げ伸ばしするときに使われるので、

走ったりジャンプしたりすることの多いスポーツほど発症のリスクが高まるのです。

そのため、ジャンパー膝という通称がついています。

 

■ジャンパー膝の症状

①軽度

軽度のジャンパー膝は、膝を酷使した直後にだけ痛みが出ます。日常生活に支障はなく、気になりながらもそのまま過ごしてしまう方が大半です。

②中度

症状が進むと膝を動かしている最中にも痛みが出るようになります。しかし、安静にしていれば痛みはでません。そのため、ここまで症状が進んでも病院に行く方は少ないのです。

③重度

重度のジャンパー膝になると、日常生活を送っていても痛みが出るようになります。膝を酷使するほど痛みは強くなり、スポーツを行っている方はプレイが難しくなるでしょう。ここまできてようやく病院を受診する方もたくさんいます。

④最重度

炎症がひどくなると、膝蓋靱帯が断裂してしまいます。こうなると完治までに時間がかかり、完治までの間、スポーツができなくなります。

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、手技療法や電気治療、鍼治療等を組み合わせ、ジャンパー膝の痛みを取り除いていきます。

 

上記のような症状に思い当たる方は足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院へ気軽にお越しください!

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30
日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00