こんにちは!

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院です!

 

手の痛み

 

腱鞘炎とは、腱と腱鞘(腱が通るトンネル)が擦れ合って発生する炎症の事です。

腱鞘というものは本来、手を使った際に擦れ合って起こる炎症を防ぐためのものなのですが、耐え難い負荷がかかったり、使いすぎてしまうと、逆に炎症が起こってしまうのです。

手の耐えがたい負荷や、使いすぎというと、漫画家さんや、裁縫が趣味な方などを想像しがちですが、もちろんデスクワークの方だったり、子育てをしてるお母さんも腱鞘炎で手首を痛めてしまうことも多いのです。

そして、最近では、まさかのスマホの使いすぎによる腱鞘炎も増えているから驚きですよね!!

この腱鞘炎は、いつか良くなるかもしれないと放置していると、慢性化し治りにくくなってしまいます><
「たかが腱鞘炎」と甘く見ず、手の痛みを感じたら治療するようにしましょう!!

 

実はこの「腱鞘炎」。
同じ手の使いすぎの炎症を指していても、原因や症状によって呼ばれる名称が異なります。

【ドゲルバン症候群】

親指の使いすぎで起こる腱鞘炎を【ドゲルバン症候群】といい、スマホの使いすぎもこれにあたります。
また、赤ちゃんを抱く際、親指にかかる負担で痛くなったりもしますので、お母さんお父さんにも多く見られるケースがあります。

【バネ指】

指の腱鞘炎の延長で、炎症が強くなり、腫れた腱がトンネルを通れなくなり、動かすたびに指が突っかかるような違和感や、痛みが起こるものを【バネ指】といいます。
更年期の女性や出産期の女性に多く、時には手術にもなるケースもあるため、腱鞘炎の治療は怠れないのですね。

【マウス症候群】

名前のままの症状ですが、デスクワークの人に多い、マウスの使いすぎによる腱鞘炎のことを【マウス症候群】といいます。
手だけでなく、腕や肩にまで症状が出ることがありますので、肩こりと間違えてしまうことも……?

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、手技療法や電気治療、鍼治療等を組み合わせ、腱鞘炎の痛みを取り除いていきます。

 

上記のような症状に思い当たるかたは足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院へ気軽にお越しください!

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00