こんにちは、足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院です。

最近は小学生までが肩こりを訴える時代になったんですね…

携帯ゲームやスマートフォンが主な原因だといわれていますが、テレビゲーム・携帯ゲームはわかりますが、小学生でスマートフォンなんて時代は変わったな~と思っている今日この頃

皆さんは肩こりなどどうでしょう?

PCやスマートフォンなどを観る時間が増えている現代社会。肩こりや首のこりが慢性化している人も多いですよね。

デスクワークで、長時間同じ姿勢を維持していると、肩こりや腰痛だけでなく、冷えなどにも悩まされます。

そんな現代の肩こりを「スマホ症候群」というのですが、スマホ症候群の代表的な症状のひとつである首のこり。大したことはないと放置しがちですが、じつは、新型うつやパニック障害を引き起こす可能性があるのです!

デスクワークが多い人は、猫背であごが前に突き出て、前かがみの姿勢をとりがちです。

そしてほとんどの方はディスプレイに顔を近づけて、目をこらしながら、眉間にしわを寄せ、肩をすくめて仕事をしているのではないでしょうか。

この姿勢だと平均約6kgといわれる重い頭を、首や肩の筋肉で支えなくてはなりません。

首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があります。

それらは重い頭や腕を絶えず支えて続けているので、ほぼ常に緊張しています。

前かがみの姿勢を長く続けていると、筋肉の収縮が行われず血流が悪くなり酸素や栄養の流れが滞り、筋肉が働くときできる疲労物質などの代謝物が回収されず、筋肉内にたまることで筋肉が固まってしまい、その結果コリや痛みを引き起こしてしまいます。

また、硬くなった筋肉は血管を圧迫するため、さらに血行が悪くなって疲労物質がたまり易い状態になり痛みが増すという具合に、悪循環を繰り返します。

ではそんな悪循環にならないためにはどうすればよいか?

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院ではある部分の治療に注目しています。

それは胸筋をほぐすことです!

o0530025013240019484

猫背の人は胸から肩にかけての筋肉(大胸筋と小胸筋)が硬く縮んで、腕や肩甲骨を内側に引っ張っています。

逆に、背中の筋肉は常に伸びっぱなしになるため、背筋を伸ばすことや、肩甲骨を背中の中心に寄せる力が弱まってしまいます。

なので悪循環にならないための対処法としては、大胸筋をほぐすことが根本的な改善につながります。

ストレッチをして筋肉を緩めてあげましょう。

自分でストレッチしたがあまり効果が見られない、肩が凝った状態にすぐ戻ってしまうという方は、もっと奥の方に原因があったり、ほかの部分に問題があるかもしれません。

その様な方に、足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では、鍼治療を勧めております。

肩こりでお悩みの方、足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院にお任せください!

 

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30
日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00