こんにちは!

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院です!

 

皆さんは顎関節症に悩んだことはありますでしょうか?

 

「朝起きたら顎が開かなくなっていた」

「ご飯を食べるときに痛くて噛めない」

 

などなど、症状と表現は様々ですが、その症状にはちゃんとした理由があるんです!

今回は顎関節症の症状と原因、その治療法を書いていきたいと思います。

 

足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院では表面化された痛みだけではなく、その痛みの原因を探り、根本的な治療を専門として行っております!

eye_jrt
顎関節症(顎の痛み、顎が開かない)とは。

女性に多くみられ、特に仕事や日常生活のストレスの影響を強く受けて発症することの多い疾患です。

 

寝ている時の歯ぎしりや食いしばりなど、無意識のうちにやってしまうことがあると思いますが、

毎日のように歯ぎしりや食いしばりをしてしまうことにより首の筋肉や顎周りの筋肉、こめかみの筋肉など、噛む時に使う筋肉が疲労して硬くなってきてしまいます。

すると顎が開かなくなってしまったり、食事の時に顎が痛くなってしまったりしてしまうのです。

もちろん歯ぎしりや食いしばり以外が原因となることもあります。

 

例えば、片側の奥歯ばっかりで噛む癖があれば片側の筋肉ばっかりが披露してしまうため同様に発症します。

他にも噛み合わせの悪さが原因で発症してしまったりもします。

同じ症状でも原因は様々ですね。

 

そしてさらに、症状が悪化してくると、筋肉が硬くなりすぎることで顎の関節が引っ張られてズレてしまいます。

ズレてしまうことにより関節部分が上手く滑らず、骨同士が擦れてしまい削られていってしまいます。

するとさらに強い痛みとなって発症してしまいます。

 

『骨が削られていく』と聞くと早めに治療をしたほうがいいことがわかりますね。

 

では、痛みが出たらどうすればよいか。

まずは治療に来ていただき顎関節周りの異常を治すことが先決なのですが、寝ている時に無意識に行われる歯ぎしりや食いしばりが原因で起こる症状であればその癖をどうにかしなければなりません。

 

これに効果的なのが『リズム』だといわれています。

何でもいいので、音(机を叩く、手拍子をするなど)を出しながら一定のリズムを取ります。

このリズムは自分が取りやすい心地よいリズムがいいとされています。

これを毎日続けます。

するとストレスが抜けていき、歯ぎしりや食いしばりをしなくなっていきます。

 

※比較的簡単なケア方法を紹介しましたが、原因により治療法も異なります。

 

顎関節症という症状が出た時、まず自然治癒を考えて何もしない方が非常に多いです。

ですが、時間の経過で痛みがなくなっても痛みの原因が残ってしまうことがほとんどです。

 

顎の痛み、顎が開かないなどの症状が出始めたらすぐに足立区北千住、梅島、西新井、竹ノ塚エリアの梅島駅前鍼灸整骨院にご相談下さい!!

 

ンで仕切ります。

梅島駅前鍼灸整骨院

梅島駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では少々お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご確認をお願い致します。

名称 梅島駅前鍼灸整骨院
所在地 〒123-0851 東京都足立区梅田7-36-5 ヤマヨシビル1F
電話番号 03-5888-7754
診療時間 平日・土曜日9:00~13:00 / 15:00~20:30
日曜日・祝日9:00~13:00 / 15:00~18:00
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン梅島駅徒歩30秒
診療時間
9:00~13:00 /15:00~20:30
9:00~13:00 / 15:00~18:00